防かび剤

防かび剤とは、保存料の一種であるが、食品に発生する「かび」を防止する目的で使用される食品添加物をいいます。別名として「防ばい剤」ともいいます。

表示については、防かび剤と記載し、その後()内に該当する食品添加物の物質名を列記します。

指定添加物

アゾキシストロビン
分子式C22H17N3O5の化合物で、防かび剤として利用されます。

イマザリル
分子式C14H14Cl2N2Oの化合物で、防かび剤として利用されます。

オルトフェニルフェノール
分子式C12H10Oの化合物で、別名OPPといい、防かび剤として利用されます。

オルトフェニルフェノールナトリウム
分子式C12H9NaOの化合物で、防かび剤として利用されます。

ジフェニル
分子式C12H10の化合物で、防かび剤として利用されます。

チアベンダゾール(TBZ)
分子式C10H7N3Sの化合物で、防かび剤として利用されます。

更新日:

Copyright© 食品添加物と健康食品の真実 , 2020 All Rights Reserved.