食生活アドバイザー

こちらのページでは、食生活アドバイザーの資格について詳しくまとめてみました。
本ページは、一般社団法人FLA ネットワーク協会の食生活アドバイザー検定のHPを参考にしています。
食生活アドバイザー検定 ホームページ

また、試験範囲の解説について、別ページで随時行っていきます。

食生活アドバイザー

食生活アドバイザーとは、一般社団法人FLA ネットワーク協会が実施している食生活アドバイザー検定に合格することで得られる資格やそれに関連した知識を持った人材を指します。

食生活アドバイザーは、広い視野に立って食生活をトータルにとらえ、健康な生活を送るための提案ができる”食生活全般のスペシャリスト”であるため、
『食』に対する関心が高まっている中で、今後ますます活躍が期待されています。

試験範囲

試験範囲は「栄養と健康」「食文化と食習慣」「食品学」「衛生管理」「食マーケット」「社会生活」となっております。

「栄養と健康」
栄養素の働き、病気と食事の関わり、運動と休養などを学び、心と体の健康づくりをサポートします。

「食文化と食習慣」
調理のコツや献立の工夫、行事と料理、テーブルマナーを心得て、暮らしの中の「食」を演出します。

「食品学」
食品の分類法を把握し、生鮮食品・加工食品の表示、アレルギー表示、栄養表示を読み解きます。

「衛生管理」
食中毒予防の決め手となる衛生管理、食生活の安全を守るために、具体的な対策をマスターします。

「食マーケット」
流通の役割や小売の形態が多様化する中で、商品を正しく選ぶ目を養い、賢い消費者をめざします。

「社会生活」
身近な税金や法律、経済など「食」を取り巻く消費生活と社会のしくみについて理解を深めます。

出題形式・試験時間・合格基準

3級 マークシート形式による選択問題
2級 マークシート形式による選択問題と筆記問題
試験時間 90分
合格基準 60%以上を正解

まとめ

以上、食生活アドバイザーについてまとめてみました。
より詳しくは、上記URLの一般社団法人FLA ネットワーク協会の食生活アドバイザー検定のHPを参照してください。
このHPは模擬試験もできますので、試験を受ける前には必ず確認することをおすすめします。

更新日:

Copyright© 食品添加物と健康食品の真実 , 2020 All Rights Reserved.