チョコレート

チョコレートとガムを一緒に食べると溶ける理由は?

投稿日:

ガムは噛んでいる間ずっと口の中にあるイメージですが、実はチョコレートと一緒に食べると口の中で溶けて無くなってしまうのはご存知ですか?

これは、ガムの成分とチョコレートの成分が関係しています。

本記事ではチョコレートでガムの汚れが落ちる理由について記事にしました。

ガムの成分

ガムの成分は、南米産のアカテツ科の樹木であるサポジラから取れる樹液を煮て作る天然樹脂のチクルが主に用いられています。

その他、現在はコスト削減の目的で、酢酸ビニル樹脂などの合成樹脂も用いられています。

これらのガムに使用されている樹脂は油溶性という特徴があります。

油溶性というのは、油に溶ける性質という意味です。

逆に、ガムは水には溶けませんので、いつまでも口の中で噛んでいられるんですね。

チョコレートの成分

チョコレートの主な成分は、カカオマス、ココアバター、砂糖、粉乳等です。

また、副原料として、植物油脂が使われることもあります。

ココアバターや植物油脂は、名前の通り油溶性の物質で、チョコレート自体は油溶性の物質といえます。

ガムとチョコレートを一緒に食べると口の中で溶ける理由

ここまでくれば、どうしてガム汚れがチョコレートで落ちるかはもうお分かりですよね。

ガムも油溶性、チョコレートも油溶性ですので、チョコレートとガムはお互いに溶けあうため、チョコレートにガムが溶けてしまいます。

他にも、サラダ油やマヨネーズも油溶性ですので、そちらもガムと一緒に食べると溶けてしまいます。

お菓子ですと、ポテトチップスやかっぱえびせん等のスナック菓子は、だいたい油が入ってますので、そういったものと一緒に食べることでも溶けてしまいます。

ガムは基本的に食べても大丈夫ですが、あまり食べすぎると腸閉塞の原因にもなりますので、気を付けてください。

ブログランキング

-チョコレート

Copyright© 食品添加物と健康食品の真実 , 2020 All Rights Reserved.