チョコレート

食べても太りにくい本格的な低糖質チョコレートをご紹介!

投稿日:

チョコレートは美味しいけれど、砂糖やココアバターが含まれるため、食べすぎると太ってしまったり、虫歯の原因となってしまいます。

しかし、低糖質チョコレートは、砂糖の代わりにカロリーの低い糖を使用しているため、食べても太りにくいチョコレートといえます。

また、虫歯菌は砂糖が大好きですので、砂糖を減らすことで虫歯になりにくいチョコレートにもなります。

そこで、本記事では、本格的な低糖質チョコレートをご紹介します。

低糖質食品を作る楽園フーズ

楽園フーズとは、様々な低糖質商品を扱っており、楽園フーズの低糖質チョコレートは、低糖質にも拘らず、違和感のない美味しいチョコレートとなっています。

少し楽園フーズについてご紹介します。

楽園フーズの始まりは、糖尿病患者の店長が、当時糖質制限された食品が少なく、満足にパンやお菓子を食べられないことから、自分で糖質制限されたアンパンやチーズケーキを作り始めたのが始まりだそうです。

店長には3つのこだわりがあり、1つ目は「いくら体に良くても、まずいと続かない」ということで、毎日食べたくなるような商品を目指しているそうです。

2つ目は、1日糖質50g( 1食15g& おやつ5g) を目標に商品開発をしているそうです。

3つ目は、あれも食べたい、これも食べたい、糖質が高くて食べられないものがたくさんあります。商品開発は難しいけれど、様々な商品の開発を目指して頑張っているそうです。

楽園フーズには、チョコレート以外にも、パンやお菓子、アイス、おかず等、非常に数多くの低糖質食品があります。

低糖質のプロが作るものだからこそ、完成度の高い低糖質食品を味わえると思います。

こちらが楽園フーズのリンクとなっています。

楽園フーズの低糖質チョコレート

では、楽園フーズの低糖質チョコレートについてご紹介します。

ティラミスチョコ

マスカルポーネチーズを練りこんだホワイトチョコでマカダミアナッツを包み、ココアパウダーでティラミス風味に仕上げてあります。

マカダミアナッツには、不飽和脂肪酸をもつ油が含まれており、不飽和脂肪酸の一種であるリノール酸は体内で合成できず、食事から摂取する必要があるため、必須脂肪酸と呼ばれています。

適量のリノール酸を摂取すると「総コレステロール値やLDLコレステロール値が低下し、心臓病の予防につながる」とされています。

楽園フーズのティラミスチョコは、糖質0.3g、カロリー21.8kcal、100g入り 税抜価格1,380円(税込1,490円)となっています(2019年9月)。

クランチチョコ

たんぱく質豊富な大豆パフを、楽園フーズオリジナルチョコで包み込んだ商品です。

まろやかなチョコとサクサク食感のパフが癖になります。

味は何と4つもあり、4つの味からお気に入りをみつけてください。

初めての方には、全種類が試せる4種ミックスセットがおススメです。

イチゴ味1個あたりにつき、糖質0.5g、カロリー17.3kcalであり、税抜780円(税込842円)となっています(2019年9月)。

低糖質 焼きドーナツ

しっとり感のある優しいドーナツ生地に、砂糖不使用の上品でまろやかな口どけのヘルシーチョコをたっぷりかけてあります。

スイート味1個につき、糖質が5.8 gですが、一般的なドーナツは36 g(70 g換算)ですので、かなり糖質オフとなっていることが分かりますね。

その他、カロリーは337kcal、ドーナツ2個入で税抜980円(税込1,058円)となっています(2019年9月)。

キャラメルピーカンナッツ

サクサクとした食感のピーカンナッツを”低糖質”キャラメルチョコでコーティングしてあります。

香ばしいナッツと、甘くてまろやかなキャラメルチョコレートの相性は抜群で、噛めば噛むほど味わい深く、クセになる美味しさです。

ピーカンナッツも、上述したマカダミアナッツと同様に不飽和脂肪酸が含まれた油を含有しており、体に良い効果が期待できます。

100 gあたり糖質は9.2 g、カロリーは559 kcal、税抜価格1,100円(税込1,188円)となっています(2019年9月)。

大豆チョコチップス

ザクザクがおいしい大豆チョコチップスで、持ち歩きにうれしいジッパー付きの袋に入って、どこでも気軽に食べられます。

大豆チップスのコーティングに用いているチョコレートは、大人気の楽園フーズのチョコです。

100 gあたり、糖質は13 g、カロリーは447 kcalで、100 g入りは税抜 800円(税込864円)、300gは税抜2,200円(税込2,376円)となっています(2019年9月)。

さくさくチョコバー

小腹が空いた時にぴったりの10cmチョコバーで、香ばしさとサクサクな食感があとをひくおいしさです。

手軽に食べられてとっても便利です。

健康に良い成分がたくさん含まれているゴマがたっぷりあるのもおすすめポイントです。

1本あたり、糖質は3 g、カロリーは178 kcal、3本 税抜 650円(税込 702円)、10本 税抜 1,980円(税込2,138円)となっています(2019年9月)。

ヘルシーアーモンドチョコレート

カリッとした食感で、アーモンドの香りとまろやかなチョコレートが口いっぱいに広がります。

1粒あたり、糖質は0.3 g、カロリーは13 kcalで、60 g 税抜   550円(税込  594円)、200g 税抜1,600円(税込1,728円)となっています(2019年9月)。

ヘルシー板チョコレート

甘いけどヘルシーで、砂糖不使用だから安心してお召し上がりください。

1枚あたり、糖質は8.6 g、カロリーは336 kcalで、価格は税抜価格400円(税込432円)となっています(2019年9月)。

チョコクリーム

カカオマスから作った本格的なチョコクリームで、濃厚なチョコクリームなのにしっかり低糖質です。

パンやクッキーなどにつけるのがおススメです。

1カップあたり、糖質は4 g、カロリーは280 kcalで、価格は税抜価格300円(税込324円)となっています(2019年9月)。

まとめ

上述の通り、楽園フーズには様々な低糖質チョコレート食品が展開されており、どれも低糖質とは思えない違和感のないものとなっています。

血糖値が気になる方や、ダイエット中だけどチョコが食べたい方には大変おススメですので、ぜひ一度お試しください。

ブログランキング

-チョコレート

Copyright© 食品添加物と健康食品の真実 , 2020 All Rights Reserved.